読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくららい制作日記

こころと創作について

Into the おっぱい

  村崩壊ネタはすでにやったが……飽きないので。森の奥深くに棲息する獣耳たちの一族は、ながく近親相姦を繰り返していた。……という世界観がまずあり、そこに一族の娘を売りとばそうと人間が村を焼く。男たちは射殺される。娘としてじつは一匹可憐な男がおり、血族を絶やさぬために……。

f:id:sakurarai:20170523015300j:image

  わたしのママが鉄砲の弾で頭を撃ち抜かれたのは、まだわたしが男だったころ。どうしていいかわからず、ママが犯されているのをみていたら、不思議な服装の人たちが、わたしの手をひいて車へおしこんだ。姉と妹、親戚の娘たち、男はわたし以外にいなかった。

  わけもわからず、泣いている娘と、お腹に精液をそそぎ込まれてうなだれている娘のなかで、何日も閉じ込められた。ガタガタとうるさいおんぼろの車だった。
  わたしたちが連れてゆかれたのは、お酒を飲んで、軍人たちの相手をするテントで……すぐに男だとわかってもらえたのに、わたしは愉しまれた。

 

 その後の展開。

 

  軍人を殺害する→大学で保護される→毎日精液を搾取される→自己が崩壊する→大学で殺してまわる→快感が忘れられなくて娼婦になり毎晩踊りつづける→ママ、ごめんなさい。

  最後のセリフ
  男はいう

「おっぱいのみたい」
「のみなさい」
  わたしはいう。

失明したこと

 

  兄が眼球へ割り箸を突き刺し、失明した。

いろいろと、怒りや憤りがあって、そうなってしまった。

 

  少し前、閉鎖病棟から開放病棟へ移り、ようやくよくなってきたかと思われていたころの、突然の電話。

「そうか、ついにあいつやってしまったか……」

  ぼくは答える。

父母は気が動転していた。


  この前、閉鎖病棟へぼくが面会しにいったことが、嬉しかったらしい。そのことで、すこし穏やかになった。

「わかってくれるのは、おまえだけだ」

と言っていたのを想い出す。

 

ぼくはいつからか、誰が悪い、誰が善い。そんなことよりも、なぜ人間はこうも苦しまねばならないのか、その答えを求めていた。

まずは相手を否定しないことを枷として、実践してきた。

 

  この発言は馬鹿だ、とか。

 

  この行動は滑稽だ、とか。

 

単純にとらえてカーと顔を真っ赤にしているのは見ていられないたちで、だからといって、冷めたふりして、「へっ無知めが」と内心で嘲るのも厭だ。

 

  閉鎖病棟での生活はどうやら上手くいっていなかったようで、担当医は開放病棟へと移動させたのだ。

  そこにいろいろ問題があるのだろう。
  けれども、その医師の配慮が、優しさが、ときに人間をよからぬ方へ墜としてしまう。

 

  暴れていた兄をぼくは止めに入り(寝ていた)、怪我をした。

その後、別の場所から警察へすぐ連絡したので詳しくないが、兄は父を馬乗りに殴り、青あざをつくらせ、自分で自責してしまっている。

 

……警察は「私たちではどうすることもできないんですよ。現行犯でないと、連れていくこともできない」とのことで、頼りにならない。母もびーびー泣いたりするばかりで、なんの頼りにもらない。
……ともかく、緊急な場面ほど落ち着くことが大切だ。消防へ連絡し、疲れてひっくり返しになった兄を担架で運んでもらった。

 

  そして、失明である。

 

  ぼくはこれからも家族を支え続けなければならない。
「あんなこに生まれてしまったから、病気だから」
と父も母も誰もが言うけれど、ぼくは
そもそも、ニコチンの欲求があるから、それの苛立ちがあったんじゃないか。だから、タバコがなければここまではならないはずでしょう。つまりは生まれながらこうであったわけではないじゃないか?」

なるほど、と納得していたようで、どこまでわかってくれたのものか。

 

 

  家族。いや、人間が理性的であるにはどうすればいいのだろうか。

 

  恩師の先生はガンで、飼ハムの寿命も近い。

生き物は死ぬ。

 

  祖母は九〇を超えている、兄は隻眼、父母は怒るか泣くかで疲れる。

 

  友人たちも見栄っぱりで、遊んだり、インテリぶったりしているし……。


  ネットでは下らないお笑いごっこをつづけられている。

なになに、「でも幸せならOKです」がパロディに使われて、爆笑モードにはいっている。

相変わらず、よくそんなことで笑えるものだ。

まあ、幸せならOKである。

 


  そんなこんなで、まわりに頼りになるような人がまるでいない。

  しっかりしなければ、と自分へ言い聞かせる。

  メンヘラで怪我をしているのに、支え続けなければならない。

 

 

  ぼくは、それらヘラヘラした人々を嗤っているのではない。虚しいのだ。自分とは関係のないことだと思い、どこまでも堕ちてゆく、それなのに、いざ自分の身にふりかかれば吐き棄てるような言葉を使う。

  虚しいのは、それだけ生きることが得意ではないからなのかもしれない。



  メメント・モリ(目だけに)。

死を想え。


  人間は進化の過程で死をはぐらかすようになった。有限だと知りながら、無限だと信じる。

二二歳の若輩者のぼくは、小学校の頃に新聞にも載った事件に巻き込まれている。
だから、早い段階で死を自覚してしまった(早スギィ)

  だからそのとき誓ったのだ、誠実であることを。

 

 

さて、きな臭い話しをして申し訳ない。
 しかしこれはなにも身内の悲劇を書いたわけではないのだ。
  ぼくが伝えたいのは、常に冷静に考える覚悟と、物事を疑いつづける誠実さだ。

 

  血が流れたって、大切な人が死んだって、リョナやら母子輪姦の作品を書きつづけるぼくのように、この世の中の不道徳が、必ずしも人間の不名誉ではないことを訴えつづける、覚悟。

ロリコン問題やジェンダー論にも、真剣に挑んでもらいたい。


(これを読んで心拍数が上がるならばうれしいが、まずあたたかいお茶を飲み、考えることをしてもらいたい)
  ガンで悶えながら死ぬのも、ナイフで首を裂いて死ぬのも、おびえるようなことではなかろう。泣いたって、怒ったって、なにも変わりはしないのだから。


…………明日のために、よく学び、よく食べて、よく運動し、よく眠る。

 

 

  今を生きること。死から逃げないこと。

 

 

 

 

 

ポエム

「理性が齎らす命のおわり」
あなたが魂を捧げて善を尽くすならば、もはや桜の花が散りゆくさまにすら、誇らしく怒ることができるだろう。しかし、愚かであるならばこの世の花々は等しく枯れゆくだろう。

  他者を絶対にその凡ゆる思想や行動すら信じられない、とは最大の信仰のことだ。

  人を信じれば確実にどこかでうらぎられる。

 

  よく信じなければ救われないというけれど、知的解決でない場合、多くは個人が神の顔を借りて救済したつもりになる。

  そのおそろしさ。

経験された認識、性のポストヒューマンと幽霊

  セクサロイドが普及した未来の世界では、「ほら、うちの娘だよ。今夜は貸してやるから、堪能しないよ」

「じゃあ、かわりにうちの娘を君に一日貸すよ」

みたいな友情が生まれるはずなのだ。
「おまえのとこの娘のフェラチオは最高だな。おまえと友達でよかった」
「君の娘の膣だって素晴らしいしめつけだったよ。ありがとう」

 

または、
「あたしのところの坊やを貸してあげるわ」
「あ、ではでは、わたしのお兄さんをぜひたのしんでください」
という女性の友情。


あるいは親子で。
「おかあさんが大事にしている娘だから大切に使ってね」
「おかあさんこそ、ぼくのメイドさんを壊さないでね」
  互いに与えつづける、という満たしてくれるセクサロイド、という人間の象徴。

立ちションしながら夢を語れ

  よく三人称や一人称の質問をされます。三人称に関していえば、ぼくはもうトイレで立ちションしながら友だちに話している物語と考えてきた。悶々とした想いを、こういう場所にこういう人がいて、こんなことをするんだ、というジョロジョロさせながら聞かせる話。だから、厳密じゃないです。
 

  それが近ごろは違うのですよ。
先生にみせるためのレポートを書くつもりになった。

 

  今日、レストランの背後の席に座って、会社か学校の先輩らしき人へペラペラとマシンガントークをかましていた馬鹿な男。ゲームのキャラがどうたら、アイテムどうたらと、見て記憶した情報をひたすら話すのよ。←こんな風に。ああはなりたくない。そんなことを話すくらいなら憶測の方がはるかにマシだ。
  たしかにそんなに話せる雑談力はすごい。だけれど、ひとつも聞くにあたいすることをいわないのですよ。つまりは、立ちションしながら話している悶々とした心の方がずっといい、といいたい。
  すごくなにかの部分でしかない具体性というものはとてもつまらない。ぼくは退屈で仕方ない。

 

  学校にいると、よくいた成績のいい生徒はそういう部分的な具体性の話しをしていたように思う。一方で、からっきしダメな生徒がしていた、えっちしたい……みたいな夢がより上等なものに思える。
  あるとき病院の待合室に、消化がどう、分解酵素がどうたら話している男がいて、そのときもブチギレそうになりました。

  立ちションしながら夢を語るをモットーに未知なる世界へいざ。

小さな文字の絵画

 

  騎士団の行進パレードに、街は活気で満ち溢れており、拍手のざわめきの音と、人々の会話が聞こえてくる。
「ああ、騎士様とどうすればお近づきになれるの?」
  そんなおとめの声に、ヘッと嗤いすみで睨む女、「人殺しのなにがいい」そんな女が、好きなのかもしれない。
【好きな女の性格】

 

  人と狐の一族がいり乱れるつどいが、言葉に成らぬ眼差しを、中心部の炎がうつろに浮かばせる、一輪の百合へとそそがれている。

  大きな耳をもつ白夜の髪の頭には、花冠が、憂いの瞼の下、頬には朱を塗られている。
【白い狐の結婚式】

 

  狐さんはガキンチョ(野生児たち)と遊んで、その都度思うことがある。
  疲れる、ということだ。

  夕焼け小焼けまで、草はらを走りまわったあげく、まだ珍しい昆虫を探すのだから、足は傷だらけ、手は泥だらけになる。さらには汗が染みて巫女服がクサイ。

【ろりばばあの日常】

 

  レストランのテラス向こうは真っ青な海が広がっているはずで、それは店内からもよく見えたはず。だというのにぼくは海なんか見ないでテーブルの模様を凝視していた。もっとあの人のくつろぐ姿をみておけばよかった。
「それ、脱いだら?」
  気がつかずぼくは席についてもスーツを着たままだったらしい

【想い出のあの人】

 

  大きな獣の耳と尾をもつ少女たちは、赤い果実のみのった木の下で、それらをどんどんカゴへいれていく。 木々の間からのびる淡い陽射しによって木のあたりは露わになっている。

  一匹の少女が、中腰に耳を立てた。

  とたん、バサリ、枝の折れる音が鳴り、少女たちは散り散る。鷲掴みになった少女は、苔むした地に抑えつけられてしまい、抵抗むなしく巨大な《鳥人》に嘴で頭を毟りとられた。血に濡れた苔へ、果実が転がった。
鳥人

ろりばばあ

  雪の積もった峰々の麓に、名前のない獣の娘が暮らしていた。


  おびただしい金と銀の輝き、静寂な夜に、ずっとむかしからそうしてきたように、お酒を飲んでみあげる少女。


  とてもひとが暮らせるようなところではなく、少女は、いつからそうだったのだろうか、一匹だけだった。

 

そうにちがいないわ、わたしは、この生き方を、自分で選んだのよ。

 

ただ、そう考えれば、考えるほどに、誰か、名前をつけてくれる人がいれば、と虚しくなる。
  煉瓦の酒蔵には、ワインにブランデーと、お酒に困らない。


きこえてくるのは、賑やかな声たち。

 

  どうしてこの地からかれらがきえてしまったのか、わからない、少女には、いつからいなくなったかさえ、わからなかった。
  春になり、暖かくなれば、草や木が背を競い合い、鳥や獣たちが姿をみせる。この地が育んできた秩序だった。


  ある時期、ここは街であった。


  少女は、今もこの地で、暮らしている。
【ろりばばあ】了