読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくららい制作日記

こころと創作について

居酒屋店員のシャリンちゃん

◆泡は美味也 客「たっぷり泡をのせて」 シャリン「ええのん? ただの泡やで」 客「その泡がうまいんやん」 シャリン「じゃあえんりょなく」 客「おいいい! 半分泡やん、まあええは」 シャリン「(いいんだ)」 ◆酒豪 居酒屋店員というのは、お酒に強くなけ…

獣帝国!

妄想です。妄想を垂れ流します。 ケモっ子学園ものがあまりに読みたかったので、自分で書きました。内容は高橋留美子作品的なイメージ。 先生「えー転校生を紹介します、ケモっ子のモフです」モフ「よろしくな、人間!」 「ええーーーー?!」 先生「えーと…

夏季の幻

一面に咲き誇る向日葵の黄色が眩しくて 蒼すぎる空が遠すぎて わたしは、ただふぃくしょんの物語を聞いていた。 錆びた列車が熱くなっている。 これは、熱に焦がされる物語だ。 かつて、ここは地方都市パルクの有名な観光地だった。夏は四十度を超える熱波の…