読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくららい制作日記

こころと創作について

マグリット展にいけなかった話

前々から京都市美術館で催されている、あのマグリット展にどうしてもいきたかった。

なので、予定を組んで向った。

京橋から京阪で三条へ向かうことになったのだけど、電車に乗車中に、天気が悪くなって京都に着くころには土砂降りの雨になった。

f:id:sakurarai:20150806211727j:plain

イラスト。←Z級映画やクソ漫画っぽいファンタジーを昨年は描きかけていて、まぁ僕はそういうの好きなんだけど、また作り直してみた。 


…………。

三条駅から歩いていくのに、傘は必要だったので、コンビ二で折りたたみ傘を購入したら、なかなかオシャレなデザインで気にった。

f:id:sakurarai:20150806212330j:plain

久々に訪れてみて、その趣がある街並みに、街そのものを美術作品だと錯覚を起こした。

さっさとマグリット展に入館していればいいものを、平安神宮に寄ってしまい、ついに向かうころには閉館してしまっていた。

あ〜〜ッ!。

f:id:sakurarai:20150806212746j:plain

仕方がないので、散歩しているとレトロな喫茶店を見かけたので、そこに寄って一時の間を休むことにした。

シナモントーストとバナナジュースを頂いた。なんでも、ここはオノヨーコやジョンレノンも来た店らしい。

店内にはオリンピックのバッジやら、絵の描かれた皿がズラリと並べられていた。

ふと、椅子に目をやると一瞬だけ過去の情景が浮かんだ気がした。それは、まだオーナーが若い頃、今より耳が冴えていて、ハキハキと働きながら、ジョンレノンに珈琲を振る舞う姿だった。

客は、入り口付近の窓際におばさんがいるのみで、静かだった。

折角の喫茶店だけれど、一切のカフェインを摂らないので珈琲を注文するのはやめた(カフェなのに)。

ジョンレノンが来日して京都に宿泊したのは1977年から1979のことだと聞く。

昭和52年、今より38年も昔のことである。

シナモントーストを食べながら、また、なにやら音楽が聴こえた気がした。

ふと、窓の外には雨がすっかりあがり、人々の行き交うのがわかった。

「また来ますね」と別れの言葉を残して、東華菜館の付近まで歩いた。

f:id:sakurarai:20150806214815j:plain

蒸しあがったパンに挟まれたような暑さで、暮れていく街を見渡すと、人々の半数は旅行客なのだなとわかった。


……。

それから大阪に帰るときに、「こういった失敗があると、また別の面白いナニカがみれたりするものだ」と僕はいった。


あとは、描いた絵など。

f:id:sakurarai:20150806215444j:plain

ロリ犯罪臭だいすき。

f:id:sakurarai:20150806215546j:plain

ツインテールのリボンは彼岸花がモチーフなんですよ。

f:id:sakurarai:20150806215717j:plain

身長差むずい。



それでは次回の更新まで!。