読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくららい制作日記

こころと創作について

好きなものを描く

前回、担当編集にFAXでネームを送ることになったのだが、まったく手付かずで映画を観たり、マンガを読んだりしていた

中でも三島由紀夫が主演の『からっ風野郎』は感銘を受けた。よくあのぎこちない演技で最後までやれたなーと。

いやはや、それがよくて、あの独特な雰囲気はなかなかでない。極度の美意識が伝わってくる。


ネームに関しては、焦る必要はない、と考えていたからズルズルと時間だけが過ぎてゆく。

そして、「好きなものを描いていいよ」というアドバイスは僕を悩ませていた。というのは、自由に描くと、本当に訳わからないものが出来るからだ。

こういった僕みたいな人は厄介で、煩雑で倒錯的になりやすく、人を作り手から選ぶことになる。

僕が考えた案は2つ。

1.現実の日本をそのまま描いた犯罪作品。

2.異世界の政治運動に飲み込まれる作品。

結局は2を選んでしまった。

異世界と言っても、ファンタジーっぽくなく、僕の脳内世界の抽出したもの。

これを構成のプランなしで、どんどん脚本を書いてくのだが、果たしてこれが面白いのだろうか……。

ショートストーリーの小説を随分と書いたので、文字作業は苦手じゃない。

で、今回の脳内世界というのは、アメリカがモデルなのだが、最高峰の特権階級のお嬢様が革命により、ど底辺の世界に住むことになれというもの。

マァ、なんというか、僕が好きそうな話なわけだ。

f:id:sakurarai:20150930205621j:plain

ボールペンでイメージスケッチをしていた。

前述した作品とは無関係。秋。

f:id:sakurarai:20150930205742j:plain

トムクルーズ

f:id:sakurarai:20150930205819j:plain

シェイクスピアに影響を受けて。

f:id:sakurarai:20150930205904j:plain

Zボタンの長押しで起動音が変わるのです。



とまぁ、こんな感じ。

まとめると、「好きに描いていいと云われ、好きに描いたら、へんなのができた」 といったところ。

でも、好きなこと(マンガ)をやっているのだから、好きな物語を書いてもいい気もする。

…………。

それと、マンガ(漫画)というカタカタ表記なのは、僕が昔漢字とひらがなを男性と女性に見立てて、中性的(中立性的)なものと捉えていたからです。



それでは次回の更新まで!。