読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくららい制作日記

こころと創作について

安定剤と創作活動

ネームを半分まで描き進めた頃、異変が起きた。

内なる平安と安らぎ、その森は爆撃を受けたかのように荒廃し枯れる感覚を憶える。

脚本もある、意欲もある。だけど何故だか描けない。いや、それどころじゃなくなった。

寝床から這い上がることすら困難になっていた。

f:id:sakurarai:20151020194936j:plain

「メガネを外してウインク」


大体、僕が何を描いたって、面白がる人なんて早々いないじゃないか。

そんな考えが、何度もリピートして拭えない。

これは知っている。焦燥感って名前を付けられた不安だ。

そしてこれが、単なるホルモンバランスの秩序が乱れたことだと、僕は絶対の確信があった。

…………。

一コマも描けなくなった。

この状態で遺そうたって、病跡学の範疇に収められるだけだ。

死のう、とすら思った。

でもそれは恥ずかしいことだ。まだまだ未熟なインターネット・作家モドキが自殺?だれが憐れむというのさ。

ふしぎに生きる道が生まれてきて、いつもここで踏みとどまる。これは自己愛(ナルシズム)やか。

抗不安薬デパスを服用してみた。

それから、注意換気されている飲酒もした。

効果を助長させるらしい。

その夜は、快復をまるでクリスマスに少年がプレゼントを希うが如く眠った。

f:id:sakurarai:20151020200350j:plain

「messy」

目覚めてあたりを確認する。昨晩と同じ風景、同じ肉体。だが、違った。

何もかもが美しくみえる。

安定している……情動が安定していた。

おにぎりを買いに行き、朝食を摂り、読書をする。こんな当たり前のことを当たり前に熟ることに、どれだけ多幸感が溢れただろう。

ー薬は効く。それも効果覿面だ。

f:id:sakurarai:20151020200927j:plain

「獣化」

僕は弱くなったと回想する。

ボディビルの鍛錬をしたり、バカをやれた頃より弱体化したのだ。

肉体の強さなんて、見掛けだけだと、きっと嗤っている人もいるであろう。

しかし、それは真実である。

運動をして、筋肉(からだ)が強くなる。その活動の最中でこそ真の幸福があったようだ。

だから、自重トレーニングを再開してみたりしている……マァこのことはブログの趣旨と異なるので控えるが。

多幸感に満ちることと、創作的意欲は繋がっている。

現に安定剤を処方してから、ネット中毒は緩和されたりアニメや小説を愉しむ余裕もできた。この事は創作の肥やしになる。

だから、僕は宣言をしたくなった。

認識こそが世界だと。



それでは次回の更新まで!。