読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくららい制作日記

こころと創作について

あの世からの便り

毎日、朝に戦前の絵物語みたいなのを描いていました。途中でやめちゃったけれど、まだ続けたい気持ちでいっぱい。メンタル面の問題で朝が起きれなかったりと、調子が狂いやすくて……。

こういう話です。


『あの世からの便り』

f:id:sakurarai:20160216002919j:plain

1わたしがはじめて感じたあのふしぎな感覚。あれは大切なものだったような、そうでないような。

暖かい、水滴が頬を伝う。

これは声だ。ボヤけた視界の中に青年がいる。「アルニール・ミモザ。おはよう」

ここは、無音の白亜の部屋であった。

f:id:sakurarai:20160216003028j:plain

2.

「わたしのこと?」

「そう、おめでとう。今日は誕生日だ」

薄桃色の衣服を着せられる。わたしにそっくりなゼリー状の少女がいた。

「これを飲むこと」

カプセルの錠剤を飲まされ暴力的な安堵がわたしを支配する。

f:id:sakurarai:20160216003246j:plain

3.わたしはいったい何者?。
途中まで青年に連れそわれて添い歩くが、別れる。
「こんにちは、ここからはわたしが案内します」と現れた女性が軽く会釈する。
天より光が降り注ぐ、明るい世界。呆然としながら眺める。

f:id:sakurarai:20160216003506j:plain

4.小さな駅に着き、そこで列車を待つことになった。

何やらあつまってくる。

「ヨー! ヨー!」と一斉に声があがる。

「おはようございます」

ベルフェンという女性はわたしに「この付近の住人です」と解説する。

f:id:sakurarai:20160216003626j:plain

5.電車に乗りこむ。

車掌さんは人間ではない。

「ここは惑星ペレン。あなたは今日生まれたミミナガ族なの」

ベルフェンの言葉はなんとなくわかる。もしや「わたしロボットなの?」外は高いビルが乱立している。

f:id:sakurarai:20160216003906j:plain

6.ベルフェンはわたしのことを話しはじめる。

空から降り注ぐ《姫》に医療処置を施す。彼女らは世界を跨いだ代償として人格崩壊を来たしている。複製された《姫》は意識を目覚めさせる広汎性意識形成処置がなされる。

…………。
と、まぁここまでしか描いてないのだけれど。
この物語は異世界からやってきた少女が、人格を形成していく、という予定だった。
さて、どうするかなぁ。


それでは次回の更新まで!。