読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくららい制作日記

こころと創作について

居酒屋店員のシャリンちゃん

f:id:sakurarai:20170428014357j:image

◆泡は美味也

客「たっぷり泡をのせて」


シャリン「ええのん? ただの泡やで」


客「その泡がうまいんやん」


シャリン「じゃあえんりょなく」


客「おいいい! 半分泡やん、まあええは」


シャリン「(いいんだ)」

 

◆酒豪

 

居酒屋店員というのは、お酒に強くなければいけません。なぜなら……。


おっさん「ああ、ええ気持ちや、そうや、シャリンちゃんも呑みや」


シャリン「え、でもなあ」


おっさん「えんりょせんと、おっちゃんがつけとくから」


シャリン「じゃ、遠慮なく」


グビグビグビグビ
おっさん「ひえ〜〜〜〜」

 

◆よしもと

ヤクザ「じゃまんすで」


シャリン「じゃますんのやったらかえって」


ヤクザ「じゃなあ!」


シャリン「おう」


ヤクザ「ってあほゆうな! 今日はカシラと呑むんじゃ」


シャリン「暴れたあかんで、誓う?」


ヤクザ「誓う!」

 

◆涙はいらん

 

浮浪者「生一つ」


シャリン「おっちゃん悪いんやけどゼニあるん?」


浮浪者「あるある、ほら」


シャリン「おっちゃん五〇〇円しかあらへんやん、まあええわ」


浮浪者「お代わり!」


シャリン「あほう、おっちゃん空っぽやろ」


浮浪者「次、次払う!」


シャリン「ポリ公呼ぶぞ〜?」

 

◆媚薬

おねえさん「なあに〜〜?トカゲの丸焼きって」


シャリン「ウーパールーパーを炙ったやつやで!」


おねえさん「ウーパールーパーって、あのむかし流行った?」


シャリン「人間界のことよーしらんねん、ごめんな」


おねえさん「まあいいわ、ちょうだい」


シャリン「ウーパールーパー入りましたー」

f:id:sakurarai:20170428014835j:image

ちなみにぼくは元居酒屋店員です。

 

◆どうせ棄てる

 

上司「おい、残すなや! 店員さん困るやろアホ」


部下「す、すみません、ちょっとこれ苦手で……」


シャリン「残してええねんで! どうせゴミ箱に棄てるからな。食べてリバースされるよりええわ」


上司「すんませんなあ、部下がアホで」
シャリン「部下いじめたあかんで」

 

◆新人

女子会

(大盛り上がり)


後輩くん「え、えーと」
シャリン「いそがなあかんで! よく見ときや! まずお酒を少しいれて、上からジュースを入れる。あとはかき混ぜるだけやねん」
後輩「も、もう一度お願いします」
シャリン「もーー よく見ときや! 」
………


女子会
「おそーい!!!!」

シャリン「お待ち!」

 

女子たち「店員さんおそーい!」


シャリン「ごめんな!」


女子たち「店員さんって好きな人いるの?」


シャリン「故郷(異世界)にいたけど……」


女子たち「どんな人?」


シャリン「毛深いで!(獣人)」


女子「きもーーい」


シャリン「な、なんやと?!」

f:id:sakurarai:20170428015140j:image

居酒屋ものはこれからも描きたいと思っています。なんだか飲食業のたいへんなところを書いちゃた気がしますが、元気な店員さんが働いていると仕事の疲れも吹き飛びますよね!(ニード並)

  お酒は飲んでも飲まれるな。では。