さくららい制作日記

こころと創作について

月への夢

  アポロが月へいったのは常識ですよね?。なのに、けっこうな割合にアポロは月へいっていないと疑いをもっている人がいるんです。アポロは月へいってます。
   ぼくは、陰謀説や噂が強すぎて、証拠があるのに事実が捻じ曲げられているのがこわい。
   言葉は難しいんです。必死に必死に訴えれば、訴えるほどに、妄信している患者にみられます。

 

  じつはアポロは月へいっていないんだ、と言う噂の方が面白いのでみんなそちらを「本当のこと」だと思っちゃうみたい。

  宮崎駿は月より砂漠に住め、と言っていたよね。でも、人類が自らの科学技術の成果として、月面着陸したことは偉大なことだと、ぼくは思う。

  やる意味はわからない。無謀な挑戦。ありえない理想。それを実現したことは人類の矜りだと思う。

 

  アポロは月へいっていない、という陰謀説と、アポロは月へいった事実。

  ぼくは不可能だと思われていた夢をどうやって可能としたかのが面白い。

広告を非表示にする